ディープラーニング一覧

NO IMAGE

「アクティブラーナー」というスタンス

石川一郎氏は本に次のように書いています。 「主体的・対話的で深い学び」は、「正解のない『問い』」からでないと生まれないのです。 では、この「問い」と教師はどのように向き合えばいいのでしょうか。 それは、決して「一生懸命に教える」ことではないのです。「正解がない」ので「正解」を教えることは出来ません。 私は、この「問い」に対する教師の心得として、教師自身が...

NO IMAGE

「英語力アップ」を今年の抱負にするなら“勉強”しない

ORICON NEWSに次のような記事があります。 実行できるか否かは別として、 1年の抱負を考えると、目標を立てたり、新しいことにチャレンジするきっかけになったりと、気持ちもリフレッシュされるもの。 【覚えておきたい】海外旅行者は必見、ホテルで役立つ英会話 「今年こそ英語力アップをしよう」という人は、気持ちだけで終わらないように、抱負や目標を付箋など...

NO IMAGE

瀬戸康史さんの英語の発音が完璧なワケ

AERA English (アエラ・イングリッシュ) の記事です。 14日に始まるドラマ「先に生まれただけの僕」(日本テレビ系)で、高校の英語教師を演じる瀬戸康史さん。英語の発音は「いつもほめられる」という瀬戸さんが、ユニークな勉強法や実践しているトレーニング方法を、「AERA English 2017 Autumn & Winter」(朝日新聞出...

NO IMAGE

語学がグングン伸びる人の共通点とは

Googirlに次のような記事があります。 1. “失敗は恥ずかしいことじゃない”とにかく間違えることを恐れない “こんなことも言えないなんて恥ずかしい”と自らの殻に閉じこもっている人は、かならず語学力も伸び悩んでしまうことでしょう。なぜなら、人は失敗や間違いを繰り返すことで学んでいくからです。 たとえば日本人は、頭のなかで文法も完璧な“英文”...

NO IMAGE

ドバイから帰国

昨日、パキスタンからドバイに数日滞在して、帰国しました。 その間にかなりの通訳の役割をする事ができました。そして現在のディープラーニングで英語の表現をそのまま覚える方法が通訳にも非常に有効であることが分かりました。 その理由はこの数年間でも常に対話集を使い多くの仲間と練習しているため、多くの事例を覚えていることになります。 通訳の時はそれを...

NO IMAGE

反復でパターン学習

今回新しいドメインでワードプレスでサイト構築を始めました。今まで3つのサイトをワードプレスで管理していまが、今まではその都度問題があるとネットで探して解決しました。 今回は始めて、今までの断片的に集めた知識を総合的に使っています。しかし、それでもいろいろな知識が必要ですから、簡単に済むものでありません。それでもこれでかなりワードプレスに関しては精通し始...

NO IMAGE

事例基盤と用例基盤

言語の捉え方として事例基盤と用例基盤があります。 用例基盤は文法のような使い方を学ぶ方法です。 事例基盤では言語知識が具体的な個別事例に関する詳細で多面的なエピソード記憶から構成されている。 Exemplar(事例)=個別事例の詳細記憶 言語記号的側面だけでなく、文脈や構造的に関係のない微細な特性などを含む。 言語知識は冗長性を嫌う経済的な知識体系...

NO IMAGE

池田和弘氏がディープラーニングを提唱

池田和弘氏が日経ビジネスでディープラーニングを提唱しております。 次にように書いています。 ごく単純に考えてみましょう。 英会話にあこがれを持つ人がたくさんいるということは、それだけ「話せない人が多い」ということです。そして、これはイコール、適切で効果的な「外国語学習法」についてよく理解できていない人が多いということです。このような状態で、...

NO IMAGE

英語はディープラーニング

我々は日本語を覚えた時にはまわりの人が話す言葉を聞いて真似て覚えました。何度も修正を繰り返し多くの言葉を覚える事により日本語が話せるようになりました。文法や発音記号を学習なしでも自然な日本語が話せます。 英国でも米国でも子供は我々の日本語と同じように習得します。達人を真似、修正を繰り返す学習方法はディープラーニング(深層強化学習)と呼ばれ注目を集めてい...

NO IMAGE

ディープラーニングのマニュアル

ディープラーニングで英語を効果的に学習できるマニュアルを作成しております。他の教材と同じように電子書籍で作ります。無料でダウンロードできるようにして、電子書籍に慣れてもらうためのものであります。 今まで多くの方に電子書籍の教材を使ったもらいました。しかし、スマホやタブレットを持っているからと言ってだれでも電子書籍が読める訳でありません。 大きな問...