人工知能一覧

NO IMAGE

翻訳デバイスを試してみた

インフォシークに次のような記事があります。 「英語が話せたら、もっと世界が広がるんじゃないか」。英語の勉強をいちから始めなくても、それを叶えてくれるのが翻訳機「POCKETALK(ポケトーク)」です。名前のとおり、ポケットに収まるコンパクトサイズで、海外出張時や海外旅行時に身軽に持ち歩けます。 実際にどう役立つのか、外国人の友人と使ってみたので、動画も交...

NO IMAGE

発音の確認はこのソフトで

安河内哲也氏がCuurrierで次のようなアドバイスをしています。 電子デバイスで絶対活用したいのがディクテーションソフト(英語ではdictation software)です。 一言で説明すると音声を文字にするソフトのこと。 音声認識技術と自然言語処理を応用したもので、キーボードなどをタイピングする必要がありません。会議などのテープ起こしに広く利用さ...

NO IMAGE

AI翻訳で英語の勉強はもういらない

AERAに次のような記事があります。 英語にまつわるテクノロジーの進化が目覚ましい。ポケットサイズの翻訳機や、グーグル翻訳に勝るとも劣らない純国産の翻訳エンジン「VoiceTra(ボイストラ)」も登場。こうなってくると、もはや英語の勉強は必要なのでは、とも思えてくるが……。 ならば、もう私たちは英語を勉強しなくてもいいのでは? そんな考えが浮かぶが、...

NO IMAGE

英語学習用ロボット『Lesson Pod』

英語学習用ロボット『Lesson Pod』の紹介があります。 海外へ出張に行くたびに英語力のなさを嘆き、「帰国したら、がっつり英語を勉強するぞ!」と思うのですが、日本に帰ってくるとすっかり忘れている。これまではその繰り返しでした。 しかし、今度こそは違います! そう思った背景には、小学校で英語を学び始めた子どもが、「全部英語で会話しよう~!」と恐ろし...

NO IMAGE

英語学習AIロボット「Musio」が全国15の小中学校で導入開始

ガジェット通信の記事です。 日本はアジアの中でも、英語を苦手としている国だ。世界的な英語資格試験のTOEFLが発表した国別のスコア比較表によると、アジア30カ国のうち日本は26番目のスコアであるほか、特に日本人は「スピーキング」の能力が低いとのデータがある。こうした背景もあり、2020年の大学入試改革では「スピーキング」を実施する予定になっている。しかし、...

NO IMAGE

『SpeakBuddy』のレビュー

人工知能を使った英会話システムのレビューがあります。 英語学習に人工知能を使うと言うのは正しいアプローチではありません。 評価:1.0 ロベカルパッチョ 2017年03月22日 現時点では、AIという話題性だけ。 文章を見ながら決められた会話をこなすだけなので、ほとんど練習にならない。 用意された会話数も少なすぎ。 このため、ただの発音練習アプリ...

NO IMAGE

ディープ・ラーニング

現在、人工知能の開発ではディープ・ラーニングに興味が集まっています。このディープ・ラーニングは実は人間の脳をまねた仕組みです。デジタルのコンピュータと違い自分で学習できます。 グーグルが3年前に猫を認識、そして去年DQNというコンピュータがゲームを自分で学習できたと発表して世界を驚かせました。 私が教える英語もディープ・ラーニングが基本となってい...