文法一覧

NO IMAGE

小学生の英文法は「質問できる」をゴールにすれば十分

斉藤淳氏はダイヤモンド。オンラインで次のように言っています。 文法は「質問できる」を目標にする 英文法を学ぶにしても、紙と鉛筆だけのお勉強に終わらないことが大切です。文法テキストなどで体系的に学んだ表現を使って、英文をつくることを目指しましょう。とくにこの段階で大切にしていただきたいのが疑問文です。 「yes/no」で答えるタイプのいわゆるクローズドクエ...

NO IMAGE

文法信仰の時代は終わりつつある

池田 和弘氏は文法に関してニッケイオンライン次のように言っています。 ちなみに、私は予備校で10年間ほど教えていましたが、5文型を教えたことは一度もありません。ついでに話しますと、5文型を教えなかったが故にアンケート結果が散々だったことが一度だけありました。ところが、そのクラスは、私学のトップレベルの高校生たちのクラスで、妙に納得したものです。 変換練習...

NO IMAGE

進化する学習法、英語教育の最前線

池田 和弘がニッケイオンラインで次のように言っています。 段階的に完全に近づける学習法 さて、もう一点、英語教育が進歩してきていると感じるのが、いわゆるラウンド制と呼ばれる手法に代表される指導方法です。これらの方法が、これまでとどう違うかというと、「不完全な学習を段階的に完全に近づけていく」という発想で行われるという点です。これまでは、たとえば「一章ずつ...

NO IMAGE

英語を勉強しても実践で伝わらない理由

プレジデントオンラインに次のような記事があります。 英語を勉強しても実践で伝わらない理由 1対1ならOKだが相手が複数だとちんぷんかんぷん 英会話がある程度こなせるビジネスマンでも、「欧米人と1対1なら話ができるが、複数が相手だと、ついていけなくなってしまう」という悩みがよくある。 児童英語研究所社長の船津洋さんは「英国人や米国人は親和性...

NO IMAGE

こうすれば文法はやさしくなる

日経ビジネスで池田 和弘氏は次のように言っています。 英語につまずかないためにまず大切なのは「読み上げ力」である、と前回のコラムでお話ししました。その次が語彙力で、そして文法となります。このうち、語彙については短期間に爆発的にということであれば、取りあえずは私の書籍もしくはアプリをお勧めします。和文の中に英単語が埋め込まれているため、超高速で頭に入りま...