「なんでもマネ」で英語はうまくなる

Search
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in excerpt
Search in comments
Filter by Custom Post Type

マック鈴木氏が結城海斗へ助言

16歳でアメリカに渡り、マイナーからメジャーにまで上り詰めたマック鈴木氏。前編ではマイナーリーグの野球について語ってもらったが、今回はアメリカでプレーする上で欠かせない英語上達のコツについて聞いた。鈴木氏はいかにして英語を覚えていったのか。

1996年にマリナーズで日本人3人目となるメジャーデビューを果たしたマック鈴木氏 アメリカで野球をする以上、必要になってくるのが英語です。僕はなんでもマネして覚えました。サンバーナーディーノ・スピリッツ(1A)の途中からピッチングコーチが「マック、もうひとりで大丈夫だろう」と、遠征では通訳なしでした。

英語が上達したきっかけは、もう亡くなられたのですが、当時、サンフランシスコに在住していた荒井一悦(かずよし)さんというカメラマンからのアドバイスがあったからなんです。
「まこっちゃん、新聞のスポーツ面に全球団の試合結果が載っていて、そこにピッチャーのコメントがあるから、それを欠かさず読んで記憶するといいよ」って。

たとえば、3回でKOされたピッチャーがいるとします。そのコメントは、審判に文句も言わず、味方のエラーがどうこうじゃなく、自分のピッチングがこうだった、という内容。それを覚えて、僕が試合で同じような結果だったとき、試合後に受ける取材でそのコメントをマネするんです。僕にとっては最高の教科書でした。

荒井さんは「そういうことを積み重ねて、英語を覚えていけばいいんじゃないか」って教えてくれたんです。なにより、日本人は僕しかいなかったですからね。24時間、ずっと英語の授業を受けているようなもんですよ。
日常生活もすべてマネでした。食事に行っても、言葉がわからないから注文できない。そこで注文している人を見て、「こうやって言えば、あれが頼めるんや」って、そればかりでした。

最初はマネしても発音が悪いから通じないんですが、あるときから完全に伝わるようになって、それからはジョークも言えるようになった。ただ、しっかりとした勉強はしていないので、ボキャブラリーは少ないんです(笑)。マイナーはバス移動が過酷で、食事も満足にできないと言われています。たしかにしんどいことはしんどいですが、みんな一緒ですから。食事にしても食べられないものはないです。そこに関して、不満を持ったことはないですね。

ただ、ひとりでゆっくり食べに行きたいなと思う日があっても、ひとりだとマネする相手がいないので注文できない。なので、みんなと食事に行くことがほとんどでした。ほかの人たちはワーワーと楽しそうにしていますが、僕は言っていることがわからないので、静かにご飯を食べて、ときどき愛想笑いをしていました。そのときは、ちょっとストレスだったかもしれません。

マイナーには中南米から来て、何年も英語を覚えない選手がいます。英語がしゃべれない者同士が集まり、楽をしようとするんです。僕もたまに彼らの部屋に行って、ピザを食べたりしていました。でも、それでは英語はいつまでたっても上達しません。
特にマイナーの選手は、気性が激しくて、メジャーの選手のような人格者はそういません。それに白人のアメリカ人とか、差別的なところがあるんですよ。で、そのなかに入っていくには、やっぱり英語がしゃべれないといけない。

僕は10代から、そういう特別な環境に入れただけでもいい経験をしたと思っています。自分で言うのもあれですけど、どの人を見ても差別することはありません。マイナーでは、約5カ月のシーズンが終わると、みんなほかの仕事で生計を立てながら、次の3月に向けて備えるわけです。野球で夢を追いかける部分と、日常生活という現実の部分が両立されているので、日本みたいにアンバランスにはならないと思うんですよ。

たとえば、日本では高卒でプロに入った選手にも高額の契約金が支払われ、毎月50万円ぐらいもらえて、寮費がぜいぜい月4~5万円。なかには3年でクビになる選手もいますが、そんな生活をしていたらその後の生活がおかしくなりますよ。

アメリカでも、ドラフト上位となれば別ですが、下位の選手なんて500ドルとシューズとか……そんな契約ですからね。僕もマリナーズとの契約金は75万ドルでしたけど、最初にサリナス・スパーズ(1A)で洗濯係をしていたときは、1日中働いて月300ドル。翌年、サンバーナーディーノで投げたときで月500ドルでしたから。当時は今よりも物価は安かったとはいえ、それでも生活は苦しかったですよ。

いま思うことは、メジャー年金を受給できるまで頑張れて、本当によかったということです。支給年齢まで頑張れば、年に何百万円という金額を生涯受け取れるんです。子どもを持った今、これは気持ちの上で大きいですよ。正直、満額となる10年以上やれていたらと思いますけどね。そしたら2000万円以上ですから(笑)。

結城くんにとっての目標は、メジャーで投げることだと思います。強い信念を持って、頑張ってほしいですね。

彼のピッチングを見たことはないのですが、カンザスシティ・ロイヤルズが契約するわけですからすごい素質があるのだと思います。16歳の少年が大きな夢を抱いて挑戦する。本当に素晴らしいことだと思います。個人的には、彼がどんな成績を残してくれるのか。すごく楽しみにしています。

英会話革命のLINE@友だち登録受付中!!

英会話革命ではディープラーニングによる先生を必要としない、ネイティブを真似る英語学習を進めています。ネイティブを真似る多くの教材と学び合いの英語学習環境が整っています。

一緒に英会話を勉強しませんか。下記より友だち登録!!
友だち追加

QRコードで登録

1.1:1トークで担当者が直接アドバイス!
英会話習得に関してアドバイスします。

2.合計120冊の英語学習用教材へのアクセス
対話集60冊、表現集60冊への自由のアクセスができます。
全ての英語表現に音声が添付されています。

3.英語学習者のSNSへのアクセス
英語学習の集まるSNSです。一緒に学習したり、励ましたり、励ませられたりする場です。

4.間違いの英語学習
間違っている英語学習の説明です。

5.英語学習理論
最新の科学的な英語学習理論です。

6.実践者のブログ

英会話革命の実践者のブログです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。