2019年02月一覧

NO IMAGE

英語を学ぶ3つの方法:Word Perfect English

英語を学ぶ3つの方法 「どうやって自分で英語を学ぶ事ができますか」 これは、Word Perfect Englishで私たちがここで受ける最も一般的な質問の1つです。tesol.orgによると、2014年には15億人の英語学習者がおり、その数は年々増え続けています。これは、各学習者ができることなどの地理的な場所、財務コスト、利用可能な時間のために一緒に勉強す...

NO IMAGE

WHYを鍛えるあざみ野塾

塾長 吉家定夫 元慶応義塾大学講師(教育史)、元東京都市大学講師(教育史)、元普連土学園教師、ニューヨーク州立バッファロー大学院にてPh.D.取得 著書『日本国学監デイビッド・マレー』(玉川大学出版部刊) 開校より24年、当塾は小学生、中学生を対象とする英語を学び方から指導する少人数制の塾です。 英語は音からはいる 英語学習は音からはいるのが原則です。当塾に...

NO IMAGE

脳波計を応用し、英語のリスニング能力を向上

次のようなニュースがあります。 「エル」と「アール」の正答率が9割に向上 情報通信研究機構(NICT)は、「nano tech 2019」で、ウェアラブル脳波計を用いて英語のリスニング能力を向上させることができる学習法などを紹介した。 NICTは、脳波を比較的簡単に測定できるウェアラブル脳波計を開発。技術移転を受けた民間企業が、小型の脳波...

NO IMAGE

AIが発達すると英語学習は必要ない

藤沢数希氏が次のように投稿しています。 日本の「英語産業」にとって、良いニュースと悪いニュースがある。2020年、つまり、いまの中学3年生が受ける大学入試が変わる。人がやっている多くの仕事を人工知能やロボットがやるようになる、と言われている。そうした未来では、これまでの日本の伝統的な教育である、知識や解法を暗記して、それをいかに正確に速く答案用紙に再現できる...

NO IMAGE

「Siri」に発音をチェックしてもらう

斉藤淳 中学・高校生向け英語塾「J Prep斉藤塾」代表。元イェール大学助教授。元衆議院議員。 1969年山形県生まれ。上智大学外国語学部英語学科卒業、イェール大学大学院博士課程修了(Ph.D. 政治学)。イェール大学助教授、高麗大学客員教授などを歴任。 斉藤淳氏が次のように言っています。 世界最強の英語勉強法 イェール大学で学んだ[発音...

NO IMAGE

英語表現を1年で3000文、覚えて使いこなす

通訳者の川合亮平が選んだ学習法英語学習法が紹介されています。 通訳・翻訳者で、ベネディクト・カンバーバッチさんやエディ・レッドメインさんなどの通訳や英語インタビューも行うジャーナリストの川合亮平さん。この連載「通訳者が選んだ学習法」では、15年ぶりに本格的に英語学習を再開した川合さんに、確実に向上する具体的な学習法を教えていただ...