「お前ら絶対英語勉強しろよ」

Search
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in excerpt
Search in comments
Filter by Custom Post Type

フェンシングの太田雄貴氏が後輩に言い続けている事があります。

北京・ロンドン五輪で銀メダルを獲得した元フェンシング選手で、現在は日本フェンシング協会会長の太田雄貴さん。自身の経験から英語の必要性を熱弁する。

今も鮮やかな記憶として蘇るのは、2020年東京五輪・パラリンピックの招致プレゼンテーション。「Imagine(想像してください)」で始まる約2分30秒の流暢な英語での力強いスピーチは、東京開催を夢から現実に引き寄せた。GJ(グッジョブ)! ところが、立役者の太田雄貴さんは、こう打ち明ける。

「じつは僕、英語が得意なほうじゃない。今でもです。あのスピーチは丸暗記なんです」

本番直前に仕上がった原稿を自分の言葉に換え、「思いを乗っけて届けられるように」と、プロンプターなしで臨んだ。

選手時代はフェンシングが今ほどメジャーではなく、自分で直接外国人の選手・スタッフとやり取りせざるを得なかった。だから今、話したいことは話せる。話せるけれど、「正しい文法でしゃべっているのかが相当怪しいんですよ」。

特に過去形など時制の文法があやうい。それでも、五輪招致の英語プレゼンは絶対自分がやりたかった。当時、知人の岩瀬大輔・ライフネット生命社長からの一言が脳裏から離れなかったと振り返る。

「雄貴君、生意気なしゃべり方をしちゃダメだ。分かりやすいようにしゃべるんだ」

国際オリンピック委員会の役員は非英語圏出身者が多い。誰が聞いても通じる言葉を届けなければと思った。半年以上前から原稿を音読し、iPadで撮影。想像していた自分とのギャップに愕然とした。録音機能付きのスマートフォンに吹き込んで、抑揚や発音を確認。最悪の体調でもこなせるようにと、強い酒を飲んでシャワーを浴び、直後に早口でまくしたてたことも。

「3回噛まずに言えたらOK(笑)。自信満々と思わなきゃ」

一人ひとりのプレゼンターがつなぎ、相手に思いを届ける行為は、どこかフェンシングに似ていると感じた。

「団体戦でありながら、戦うのは一人。そこでたった一つの思いをつなげていくんです」

RとLの発音なんて、前後の文脈から理解してもらえれば十分だ。ただ、東京に聖火を持ってきたかった。

「金(メダル)を取りにいかなければならなかった。だから、プレゼンが苦手とされる日本があの時、勝てて、僕はムチャクチャうれしかったんです」

最年少で国際フェンシング連盟の理事に当選し、現在2期目を務めている。痛感するのは、「英語の先にあるもの」だ。

「例えば、僕らがダライ・ラマに会いたいと思ったら、何語だろうが、絶対に話を聞こうとするじゃないですか」

学術や政治などの分野では微細な表現の違いも重要だが、日常ではどれだけ相手に伝えたいのか、聞いてほしいのかという「中身=コンテンツ」を持つことが大事だ。中身を鍛えれば、伝えたくなる。英語はそのツール。語学力も必然的につくはずだと話す。

「何でもいい。食べるのが好き、コーヒーを淹れるのがうまいでもいい。ニッチな1番を極め、それを『横展開』でつなぐ。僕はフェンシング。これを持てたのは大きかった」

でも、太田さんは最近、後輩選手に言い続けていることがある。それは、「お前ら、絶対英語勉強しろよ」。

フェンシングに限らず、国際試合の舞台で英語のできない日本人選手はいまだに多いという。非英語圏の外国人コーチが8割しか伝えられず、自分も7割しか分からなければ、「8×7=56%の意思疎通しかできない。44%もロスしている」。英語ができれば審判との会話でジャッジの方向性を探れる。国際規格の動向も読み解ける。選手間交流も実現する。

「それに英語は、自らのセカンドキャリアにも生きてくる」

引退後、コーチを目指しても、国内ポストがなければ順番待ちだが、「英語ができたら外に出て未来を変えられる」と力を込める。

「順番待ちほど、ダメな人生はないですから」

皆様もぜひ参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。