翻訳デバイスを試してみた

Search
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in excerpt
Search in comments
Filter by Custom Post Type

インフォシークに次のような記事があります。

「英語が話せたら、もっと世界が広がるんじゃないか」。英語の勉強をいちから始めなくても、それを叶えてくれるのが翻訳機「POCKETALK(ポケトーク)」です。名前のとおり、ポケットに収まるコンパクトサイズで、海外出張時や海外旅行時に身軽に持ち歩けます。

実際にどう役立つのか、外国人の友人と使ってみたので、動画も交えてご紹介していきます。

ポケットにらくらく入るサイズ感が◎
ポケトークは、手のひらに収まる小型の翻訳機です。サイズは、高さ110×幅60×厚さ16㎜で、重さは約90gとコンパクト。カラバリはホワイトとブラックの2色です。

63言語(2018年1月23日時点)に対応するので、ビジネスや観光で訪れる場所はほぼカバーされているのではないでしょうか。

使用できる時間は、連続使用の場合は約6時間で待機状態なら約5日間。充電には付属のmicroUSBを使用します。モバイルバッテリーでの充電もできるので安心です。

利用にはインターネットに接続する必要があるため、海外で使うときはWi-Fiに接続したり、モバイルルーターを持っていくのがよいでしょう。現地のSIMを使えば、スマホでテザリングしてもいいですね。

背面には専用SIMポートがある

Wi-Fiを探したり、ルーターを持ち歩くのがいやな人は、2年間使えるポケトーク専用のグローバルSIMとのセットがおすすめ。Wi-Fi用と比べると5000円高くなりますが、本体背面にSIMをセットすれば、Wi-Fi環境がなくても使えるので便利です。月額利用料は一切かからず、2年間使い放題となっています。

現地でSIMカードを用意する手間がなく、日本であらかじめグローバルSIMを準備できるのもうれしいポイントです。

Wi-Fi接続時は画面の小ささが仇に
今回はWi-Fiモデルを使用したので、まずは上(△)をダブルタップして設定を開き、Wi-Fiに接続。次に翻訳したい言語を左右のボタンから(英⇔日)を選びました。

電源を入れて、上(△)をダブルタップするとメニューが開く。下(▽)をダブルタップすると、履歴が確認できる。相手や自分が話した言葉と、翻訳された言葉は、画面に文章で表示される

使っていて少しもどかしかったのが、本体がコンパクトゆえに画面も小さく、Wi-Fiのパスワードなどが入力しづらい点。Wi-Fiへの接続自体は、すんなりできました。

翻訳スピードと精度は期待以上
今回は、4つのシチュエーション英会話を実践。翻訳の反応の速さや、通訳のスピード、使い勝手などをご覧ください。

シチュエーション①:外国人が日本人に声を掛ける

男性:Can you please help me?

ポケトーク(以下ポケ):手伝ってくれませんか?

男性:I’m trying to find the closest station.

ポケ:もっとも近い駅を見つけようとする

翻訳が少し不自然な感じはしますが、言いたいことはわかります。音量の調整もできるので、人込みのなかでも聞き取りやすいでしょう。

シチュエーション②:日本で駅を探す

筆者:どこの駅に行きたいですか?

ポケ:Which station do you wanna go to?

男性:I want to go to SHINJUKU station.

ポケ:私は新宿駅に行きたい。

筆者:新宿駅はあっちにあります。

ポケ:There is SINJUKU station on the same way.

無事、会話が成立しました。

シチュエーション③:海外でレンタカーを借りる

筆者:レンタカーを借りたいです。

ポケ:I would like to rent a car.

男性:Go straight and at the second intersection go right.

ポケ:直進し、ふたつ目の交差点で右折。

正しく翻訳してくれました。ただし、言い方によっては間違った翻訳が出てしまうときもあるため、画面に表示された英文を相手に見せて、ポケトークが正しく言葉を聞き取ったかどうかを確認してもらうのもひとつの手でしょう。

シチュエーション④:お店で会話

筆者:なんの料理がすきですか?

ポケ:What kind of dish do you like?

二人:We like vegan foods.

ポケ:私たちはビーガンフードが好きです。

シチュエーション⑤:お店を探したい

筆者:近くにおしゃれな洋服屋さんはありますか?

ポケ:Is there a fancy clothes shop nearby?

男性:Yes there is a shop called Hollistar 5 minutes away.

ポケ:はい、ホリスターと呼ばれる店が5分離れています。
(※ホリスターとはアメリカにあるカジュアルな人気洋服店)

テーブルを挟んだ距離感でも、相手の言葉をしっかり訳してくれました。

1台で2言語のやりとりをできるのが最大の魅力
一番気に入ったのは、1台で相互の言語を翻訳してくれるところ。ひとつ持っていれば、お互いの言語間の橋渡しをしてくれます。スマホは個人情報が詰まっていたり、海外では財布と同じくらい狙われたりするので、できれば他人には不用意に見せたくないものです。そんなときも、相手にポケトークを向けるだけで、音声を拾って簡単に翻訳できるんです。

そして、翻訳の速さも〇。私が日本語を話してから3秒~5秒ほどで翻訳されたので、テンポよく会話ができそうだと感じました。対応言語数が63と多いのも魅力ですね。

一方、惜しい点と感じたのは、「神保町」などの地名や固有名詞は正しく認識されず、対応がまだ不十分だった点。今後のアップデートに期待したいところです。

操作性については、初めて触ったときにタップ操作が必要ということを理解しておらず、ボタンをカチカチ押していたので「なんで操作できないんだ…?」と苦戦していました。しかし、ボタンをカチッと押す操作と、軽くタップする操作の使い分けを理解したあとは、操作に迷うことはありませんでした。

ポケトークに向いている人とGoogle翻訳に向いている人
翻訳サービスで有名な「Google翻訳」には、お互いに話した言語を音声と文章で翻訳する「会話モード」があります。これはポケトークに近い機能ですよね。そこで気になるのが、無料のGoogle翻訳があるにもかかわらず、お金を出してまでポケトークを買う価値はあるのか、という点です。

ポケトークはSIM付きであればネット環境がない場所でも使えるので、「スマホを見知らぬ外国人に見せたり近づけるのがこわい!」という人は安心して使えるでしょう。また、対応する言語数は、ポケトークが63言語、Google翻訳が32言語と倍近い差があるため、Google翻訳がカバーしていない地域に渡航する機会が多い人には、ポケトークが役立つでしょう。

また、スマホで翻訳機能を使っているとバッテリーを消費するので、スマホと別にポケトークを持ち歩いた方が便利です。ポケトークは連続使用した場合でも6時間使えるので、1日使っても充電が切れる心配はなさそうです。

一方、オフラインのときにも翻訳したい人にはGoogle翻訳がおすすめです。事前に翻訳データをダウンロードしておけば、オフライン状態でも翻訳機能が使えます。ただし、オフライン機能は会話モードでは使えないので要注意。

「会話モード」画面

また、会話モードでは、マイクのアイコンを1度タップするだけで2言語間の翻訳をするので、いちいち言語を切り替える必要がなく会話がスムーズにできるのもメリットです。音声と同時に文字の翻訳もしっかり見たい人には、スマホの大画面で翻訳が見られるので有利ですね。

今回、ポケトークでの英会話に協力してくれた男性は、実は日本語がペラペラなんです。ポケトークを使った感想を聞いてみると、「翻訳精度は完璧じゃないけど、しっかり伝わる。英語学習にも使えそうだよ!」と、好評価でした。

お店で買い物のやりとりを店員さんとするときはもちろん、レストランに入って料理について詳しく聞いたり、道順を聞いたり、旅先で出会った人と楽しく会話をしたりなど、さまざまなシーンで使えそうです。

上記のシチュエーションで会話が成り立っていると言えるのでしょうか。そして完璧でない翻訳文を使ってどうやって英語の勉強ができるのでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。