相続の問題

Search
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in excerpt
Search in comments
Filter by Custom Post Type

私も72才となり、万が一のこともありえます。内心はあと30年はやりたいと思い、このネットビジネスに取り組んでいます。これから長くできる事を前提にしないと、膨大な時間をつぎ込む事がむなしくなります。
シニアの起業は先が予測できません。しかし、他の世代と比べなによりも時間を使える事は事実です。そのために持っている時間をどう缶詰にして、これからの仕事に生かしていくかと言う事です。
私の場合は英語学習教材や学習に関する本や、環境を提供したいと思っています。
現在では残せるような遺産はありません。しかし、もしこの事業で月間に40万円の利益でも上がるなら、4人の子供に一人ずつ10万円得る事ができます。
考えてみれば受け取る人間から見れば、1億円の遺産よりは価値があることになります。そして相続はこれから作る法人を受け取るだけです。
不動産や他の面倒な資産を受け取るより、はるかに簡単にできます。なによりもこれから作る会社は10万円の資本です。受け取る資産が10万円ですから、相続税はないようなものです。
もしその資産10万円が月間に40万円も生みだすのであればこれは節税対策ともなります。そこまでなるのは難しいのですが可能性はあります。
残された時間は不明ですが、仮に30年もあるなら、有り余る時間を持っていることになります。持ち時間としては十分だと思っています。
もし途中で万が一があっても、それは私が知る事ではありませんが、なんとか継続もしてもらえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。