英語をツールに国境を越えて貢献する力の育成

Search
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in excerpt
Search in comments
Filter by Custom Post Type

サンケイビズにつぎのような報道があります。

札幌新陽高等学校がレアジョブ英会話を導入
オンライン英会話サービス事業を運営する株式会社レアジョブは、学校法人 札幌慈恵学園 札幌新陽高等学校が2018年5月31日より、オンライン英会話サービスの提供および、ICT教育の効果を最大限活用するPBL(プロジェクトベースドラーニング)を用いた新たな英語学習カリキュラムの共同開発を開始しました。

札幌新陽高校は、試験や大学入試のためだけの英語教育ではなく、生徒の可能性を最大化させるための新しい出会いや、原体験を得る一つのツールとして、英語を習得するべきだと考えています。この度、札幌新陽高校の探究コースにおいて、オンライン英会話のマンツーマンレッスンだけではなく、「教育」と「テクノロジー」を融合させ、学習者にとって最適且つ、可能性を最大化させることを目指し、ブレンディッドラーニングのカリキュラム開発や、生徒が英語をツールに国境を越えて貢献するPBL(プロジェクトベースドラーニング)を用いた授業の共同開発を行いました。

ブレンディッドラーニングとは学校など教室での集合学習とオンラインでの個別学習を掛け合わせて双方のメリットを活かした効果的な学習の方法。
課題解決型学習(Project-Based Learning)とは学習者が自ら問題を発見し解決していく能力を身につけることを目的とした学習法。

札幌新陽高校について
札幌新陽高校は「本気で挑戦する人の母校」をビジョンに掲げ、新たな学校像の体現に向けて学校改革を進めています。2018年度から開設する探究コースでは学校で積み重ねるモノを偏差値から経験値に変え、教育の価値観を最終学歴ではなく最新学習歴を更新する力にシフトします。三年間を通して社会問題や企業課題などを教材に、実社会に繋がった学習を行います。生徒の可能性を最大限に引き出す「出会いと原体験」をコンセプトに、生徒が生きたいように生き続ける力を育む教育課程を実践します。

授業概要
・実施時期:2018年5月31日~2021年3月31日(3年間)
・対象学年:探究コース 高校1年生(24名)
・授業内容例(2コマ連続授業):
‐日本人英語科教諭によるインプット、ロールプレイ等のペアワーク(50分)
‐レアジョブによるオンライン英会話(25分、マンツーマン)
– 日本人英語教諭による復習(20分)

・年間カリキュラム例(高校):
-マンツーマンレッスン(12回/年)
-高1:英語を話すことに慣れるフェーズ
-高2:正しい英語を使って会話をするフェーズ
-高3:自分の意見を発表し、それに対する質問へのやり取りする力を強化するフェーズ

株式会社レアジョブについて
事業内容: オンライン英会話サービス事業
グループビジョン「Chances for everyone, everywhere.」に基づき、世界中のより多くの人々が国境や言語の壁を越えて活躍できる社会をめざし、マンツーマンオンライン英会話サービスの「レアジョブ英会話」を主たる事業として展開しています。2014年6月には東証マザーズに上場し、現在、60万人以上のユーザー、1,741社以上の法人企業、190校以上の教育機関など多くの方にご利用いただいてまいりました。今後、今までの英語教育の課題を解決し、「英語教育3.0」という新たな波を作り上げていくことで、サービスミッション「日本人1,000万人を英語が話せるようにする。」を実現してまいります。

「英語教育3.0」とは
読み書きが中心だった従来の「英語教育1.0」の課題は「話す」がほとんどないことでした。
その課題に対して私たちは、オンライン英会話を提供する事によって解決してきました。
結果、オンライン英会話は世の中に広まり、英語を大量に話す場は圧倒的に増えました。
これが「英語教育2.0」です。
しかし、英語教育における課題はまだ残っています。私たちは、英語教育2.0における課題を解決し、日本人1,000万人を英語が話せるようにするために、新たな波となる「英語教育3.0」を作り上げていきます。

大きな間違い
レアジョブは日本の英語を話す事ができない問題をオンライン英会話を提供する事によって本当に解決できたのでしょうか。その問題が解決できたとは思えません。英語が話せない人は英語を話せ機会がないから話せないのではありません。

英語文化圏で長期に滞在しても英語は話せるようになりません。その英語をオンラインで話そうとするだけで、どうやって英語が話せるようになるのでしょうか。

受講者はオンライン英会話は“やらないよりマシ”から“絶対やるべき”に昇華させるためには、復習、反復、録音 が必須だと感じている事です。

たとえばデイリーニュースをやるとして、その記事の内容や語彙は1日経てば忘れます。本気で覚える気なら、復習と反復によって1つの記事を暗記するレベルまで学習すべきだと思っている事です。

具体的には、復習として教材中のクイズに対する回答をライティングしてみたり、または同じニュース記事を翌日や1週間後などにもう一度レッスンで学習してみたりする必要であると言われています。

すると英語を話すために必要な事はオンラインで話す事ではなく、英会話に使える英語表現を何度も反復して覚える学習が必要となります。

オンライン英会話を提供していることは話す機会を与えているだけで、英会話に使える英語表現を覚えるプロセスは何も解決しておりません。

これは英語文化圏に在住しても、自分で英語を覚える学習をしなければ英語を話す事ができないと状況とはほとんど違いはありません。

話す能力をつけないまま、英語をツールに国境を越えて貢献する力を育成するのはほぼ不可能な事です。サッカーの選手になるのに、十分に走れないのに、ワールドカップに参加しようと言うようなものです。

英語をどう使うかよりは、まず英語力を確実に向上させる能力が絶対に必要なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。