合同会社の2つの目的

Search
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in excerpt
Search in comments
Filter by Custom Post Type

現在、2つを平行に進めております。会社ができたらディープラーニングに基づく教材の配布と、そのディープラーニングを進める英語学習の環境を作る事です。

教材配布は今までに合計で144冊も作った教材を会員制にして配布する仕事です。会費制にするのは継続的な収入が欲しいからです。月々わずな会費で英語の勉強ができます。

しかし、それらの教材は実際に使わないと英語は上達しません。聞き流すだけで英語は習得できません。今までオンラインで300人近くを教えた経験がありますが、良い教材だけで続くものでもありません。

私は私がスカイプでレッスンの相手をしたのですが、それでも続けられる人は少ないものです。

そこで英語学習する仲間同士で学習するSNSを作りたいのです。つまり英語学習をしたい人はそこでどんどん練習相手を探し上達ができます。

意欲のある人に最大の機会を与えたいのです。英語は練習量により上達します。そしてその練習量は英語能力ではなく意欲によって決まります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。