過去のデジタル遺産

こんど作る会社には目に見える資産は何もありません。あるとすればデジタルのコンテンツだけです。これは価値があってないようなものです。膨大な時間をかけた私からすると非常に大事な物となっています。

これからはこの無形の資産でどのような価値を生ませるかと言う事が新会社の最大の目的になります。

昨日は依然に作った対話教材ですが、4年前に替えたために使わなくなっていました。先日今教えている方が以前の教材も使いたいという事で、表紙を構成を変えてみました。

これは英語の広場の対話の教材として使えるかもしれません。この以前の教材3冊と、現在使っている教材の和訳だけをまとめた教材は無料でダウンロードできるようにします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です