合同会社ディープラーニングの発足

昨日登記所に言って1日に申請した合同会社ディープラーニングの登記簿謄本と印鑑証明をとり、間違いなく1日に登記されている事が確認できました。

1日には書類を受けってくれるだけですから、登記された報告はきません。書類申請して何もなければ登記されたことになりますが、確認しておかなないと心配です。

この謄本によりこれからの活動を個人ではなく、法人でやることができます。私から見れば、最も大事なことは税金の問題です。

これか収入を得たとするとこれは個人収入のうちの雑種にあたります。これから何百円単位の収入を増やすのに大変不便です。

そして経費が出た時の処理も面倒になります。これから会社の収入と支出と個人を分けて記録することができるようになります。会社の方はソフトを使ってやる予定です。決算は5月31日ですからまだ1年近くあり、これは後から対応します。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。