英語はディープラーニング

我々は日本語を覚えた時にはまわりの人が話す言葉を聞いて真似て覚えました。何度も修正を繰り返し多くの言葉を覚える事により日本語が話せるようになりました。文法や発音記号を学習なしでも自然な日本語が話せます。

英国でも米国でも子供は我々の日本語と同じように習得します。達人を真似、修正を繰り返す学習方法はディープラーニング(深層強化学習)と呼ばれ注目を集めています。グーグルやフェイスブックの人工知能は全てが問題解決にこのディープラーニングの学習を採用しています。

臨界期を過ぎた大人も脳が学習する仕組みは変わっておりません。大人の楽器演奏やスポーツの上達ためには反復練習が有効です。言葉の場合は反復だけでなく、達人の真似をするディープラーニングで、発音や文法やスピーキングを同時に学習できます。リスニングは記憶にある音の照合ですから、リスニングも全てが同時に学習できる効果的な学習です。

日本語でも英語でも多くの表現をディープラーニングで覚えないと話す事はできません。そのためには効果的な能動的な学習が必要です。

ここでは英語をディープラーニングで学ぶ、教材と環境を提供します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です