5つのタイプの学習者

英語学習者にはいろいろのタイプがあります。

英語の学習者は次の5に大別されます。

  • 能動型学習者
  • 優等生型学習者
  • 義務型学習者
  • 情報過多学習者
  • 社交型学習者

1.能動型学習者

理想的な英語学習者です。英語の正しい学習方法を選択して、正しい教材で、どんどん自分でアクティブラーニングを継続していきます。英語のスキルの上達を目的としているので、自分の現在の英語能力が確実に実感しながら学習しております。自己効力感の高い学習者です。英語のテストとか宿題をあまり好みません。

 

2.優等生型学習者

英語が好きと言うのではありませんが、何をしても優秀な成績を上げたいと言う学習者です。先生のお気に入りともいえる生徒です。先生の指示やカリキュラムに忠実であり、英語試験や宿題を好みます。

言語習得は脳の学習の基本ともいえるものですから英語学習を類似の学習に生かす事も可能です。

3.義務型学習者

英語は好きでないのですが、必要があってやっています。多くの場合に英語を話せるほうが、英語試験のスコアの良い方が有利な生活ができると思って英語を学んでいます。目標とか日々の計画を大事にします。

仮に英語学習が必要となった場合でもできれば能動型になる方が効果的な学習ができます。それはどんな事でもやらされているよりは、自分で自発的に学習する方が効果的で楽しいい学習ができます。

4.情報過多学習者

常に良い英語学習方法がないか探している人です。試してみて効果がなければ次に教材を試す人です。情報が多過ぎて、情報の検索や選択に多くの時間を費やし、学習の方はあまりできません。

英語学習方法を探す事は大事な事です。しかし、探し回っていては英語は上達しません。英語は学習の蓄積が大事です。なるべく効率的に探し、自分が絶対良いと思う方法を選ぶべきです。そしたらもう探す時間は必要ありません。自分で選んだ方法で効果が上がらないとすれば、今度は学習方法ではなくその学習の進め方、努力問題です。今度は効果が上がらないのは自分が原因であることを知ってください。

 

5.社交型学習者

英語を学習したいと言うよりは、人との交流を求めます。英語が上達する場合もありますが、英語の学習が楽しいからと言うよりはいろいろな人とのコミュニケーションが楽しいです。

 

英語を学ぶのはいろいろな方と交流するためです。しかし、せっかくの交流であれば、上手に英語表現や発音を心がけてください。そのためには能動型の学習を勧めます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です