Google アナリティクスとの違い

Googleアナリティクスでは、Webサイトにアクセスされる前のことはわかりません。ユーザーがそもそも来なければデータは取得できないためです。
しかし、Webサイトへアクセスしてきたユーザーが、「どこから来たのか」「どんなページを見たのか」「どれくらい滞在したのか」などアクセスしてきた後のデータの取得には非常に長けたツールです。

一方、Googleサーチコンソールはアクセスしてくる前のデータが多く閲覧できるのが特徴です。例えば、検索結果で自サイトのページがどれくらい表示されているか、どれくらいクリックされているかなどのデータを見ることが出来ます。それ以外にも、サイトが検索エンジンにどう見られているか、ペナルティを受けているかなども見ることが出来ます。

Googleアナリティクスのほうがメジャーになっていますが、Googleサーチコンソールで取得できるデータも非常に重要です。
なぜなら、検索結果上でクリックされなければWebサイトへのアクセスにはならないからです。一体どれくらいの人がクリックしていて、どれくらいの人がスルーしているのかがわかれば改善も出来ます。

一般的には、Googleサーチコンソールでアクセス前の動きを取得し、Googleアナリティクスでアクセス後の動きを取得するという使い分けが一般的です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です