事例基盤と用例基盤

言語の捉え方として事例基盤と用例基盤があります。
用例基盤は文法のような使い方を学ぶ方法です。
事例基盤では言語知識が具体的な個別事例に関する詳細で多面的なエピソード記憶から構成されている。
Exemplar(事例)=個別事例の詳細記憶
言語記号的側面だけでなく、文脈や構造的に関係のない微細な特性などを含む。
言語知識は冗長性を嫌う経済的な知識体系であると考える従来のモデルと真っ向から対立する。
実際に経験されるトークンの一つ一つは、すでに記憶されたトークンとの異同、似通りの度合いに基づいて、記憶事例のネットワークの中に位置づけられる。
新たなトークン(個別事例)が経験されるたびに記憶事例のネットワークとしての言語知識体系の形は変わる。

言語は事例基盤と考える方が自然なように思います。するとその事例基盤ではどのように学習すればよいのでしょうか。

ネットで調べていますが良い資料が見付かりません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です