教室or独学 オススメの英語勉強法

Search
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in excerpt
Search in comments
Filter by Custom Post Type

オリコンスタイルで次のようにアドバイスしています

「英会話を学ぼう」と決めた時、初心者から始めるには、独学か英会話スクールか迷うもの。スクールに通いたくても時間やコストが気になったり、独学で勉強するにはやり方がわからなかったりと、いろいろな不安があるだろう。

英単語の間違った覚え方とは? 効果的な勉強法も紹介

そこで今回は、独学と英会話スクール、それぞれのメリットとデメリットを紹介。自分に合った学習スタイルをみていこう。

英会話教室(英会話スクール)

<メリット>
(1)プロの先生から文法や会話など学びたいポイントを集中的に学べる
英会話スクールでは、独学や英会話カフェに比べ、間違えた箇所はすぐに指摘してもらえるうえに、授業中は必ず英語で話す機会があるので、英会話の練習に専念することができる。また、コストや時間をかけることで、英会話学習に対するモチベーションも上がりやすくなる。

(2)自分にあったレッスン形式を選択できる
ほかの生徒と学ぶ「グループレッスン」や、先生と1対1で学ぶ「マンツーマンレッスン」など、自分の希望のレッスン形式を選ぶことが可能。グループレッスンでは、同じように英語を学んでいる人たちと高め合いながら英語力を伸ばすことができる。一方、マンツーマンレッスンでは、先生と自分しかいないので、会話量が圧倒的に多くなり、リスニング力アップにもつながる。

<デメリット>
(1)レッスンの時間やスクールに通う時間の確保が必要
(2)独学や英会話カフェなどよりレッスン料がかかる

独学

<メリット>
(1)時間に融通がきく
移動時間や休憩時間など、すきま時間を利用して学習できる。

(2)英会話スクールに比べてコストが安い

<デメリット>
(1)会話の練習が不足しがち。
話し相手がいないため、話す練習の機会が少なくなってしまう。

(2)簡単に計画が変えられるため、学習時間の確保が難しいことがある

英会話初心者が独学で勉強するコツやポイントとしては、好きな洋楽の歌詞を調べてフレーズを覚えたり、日常の会話を常に英訳してつぶやいてみたり、初心者向けの参考書で学ぶなど、普段の生活に取り入れやすい学習方法がオススメだ。

英会話教室も独学も、それぞれメリットとデメリットがある。時間や予算、自分の性格を考えて、自分に合った勉強方法を探して英会話を始めてみよう。

日本語もそうでしたが、言葉はアクティブラーニングですから、自分で学ぶ以外にありません。ネイティブを真似るのですから、学校に行って先生に教えてもらう必要はありません。英語学校に行っても生徒が自分で練習をしない限り、絶対に英語は上達しません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。