スペインの英語教育事情

Search
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in excerpt
Search in comments
Filter by Custom Post Type

千葉日報に次のような記事があります。

英語を母国語としていない国の勉強方法は? スペインの小学校事情を紹介(写真はイメージ)

海外に行ったとき話せると便利な英語も、母国語としていない国は日本を含めて意外と多い。そのような国の子どもたちは、どんな英語の勉強方法をとっているのだろうか。今回は、スペインの小学校で、どのように英語教育が行われているのか紹介しよう。

子どもと一緒に英単語を覚える5つのコツ

幼稚園の頃から英語は必須

スペインでは、フランス独裁時代の1960年代から英語教育が始まった。それ以前は、フランス語を第一外国語として学ぶことが多かったため、年配の人々は、英語は話せないがフランス語なら話せるという人が多い。現在のスペインでは、3歳からのプリスクール(幼稚園や保育園)に通うのが一般的で、公立も私立もそのまま同じ敷地内にある小学校に上がるエスカレーター式になっている。

国語(スペイン語やそれぞれの州の公用語)の授業に加えて、外国語としての英語の授業も平行して行われる。プリスクールの英語の授業は、クラスを半分に分けて10~12人ほどの少人数で行われる。子どもたちの興味を引きやすいように工夫された指人形、DVD、CD、フラッシュカードなどを使って、英語に親しむところから始まり、小学校に入ると教科書を使って学ぶようになる。文法よりも会話を優先して学んでいく。

英語はネイティブを真似る事が基本です。ネイティブを真似る事ができるなら、上手か下手はあっても大きく間違える事はないのです。

言葉は間違えるから覚えると言う事はありません。言語習得の学習方法はネイティブの真似する事ですだからエラー排除学習と言えます。間違いる事は悪い事ではありませんが、間違いを減らす事こそ効果的な学習が可能となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。