英文暗唱 情感たっぷり 大阪女学院で児童競う

Search
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in excerpt
Search in comments
Filter by Custom Post Type

児童が英文を暗唱し、発音の正しさなどを競う大会が26日、大阪市中央区の大阪女学院で開かれた。小学5、6年生31人が出場し、滑らかに英語をそらんじた。

英語教育に力を入れている同学院が、英語を学ぶ小学生の交流の場にしてもらおうと初めて開催した。出場者は事前に指定された星や木などを題材にした英語の詩などの抜粋5編の中から一つを選び、練習を重ね、成果を見せた。

それぞれ1分以内で指定文を暗唱。身ぶり手ぶりを交え、情感豊かに表現する児童や、会場全体を見渡しながら堂々と話す子どももいた。

優勝した帝塚山学院小6年、三島夕奈さん(12)は「表情と、強調したい部分を特に気をつけながら読むことを心がけた。これからも英語をしっかり勉強していきたいので自信になった」と笑顔だった。

英語を覚えると言う学習は重要なようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。