三木谷流「スパルタ英語」は小学生に通じるか

Search
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in excerpt
Search in comments
Filter by Custom Post Type

楽天ニュースにRakuten Super English ジュニアの記事あります。

楽天の社内公用語化ノウハウを詰め込んだ英語教室では、テキストの内容の振り返りは前半25分のみ。あとの50分はその日のプレゼンテーションのテーマに沿って各人が準備をしたり、順番にプレゼンを行ったりという、アウトプット中心の構成で進められる。

子どもが律義に予習をしてくるのかと疑問を持つかもしれないが、その対策も練られている。生徒には予習として、独自開発したアプリ「まなみ~」を使って行う英単語学習が毎週課されるが、これには楽天で長年蓄積されてきたゲーミフィケーション(ゲーム性を盛り込んで効率化する手法)の要素が取り入れられている。

「まなみ~」は英単語の勉強をしながら、ゲーム感覚でキャラクターを収集するというアプリになっている。各レベルのテストをクリアしていくと、そのたびにキャラクターを集めることができ、復習問題をきちんとこなすとレアキャラが出現する場合もある。各自のアプリのトップ画面にキャラを配置したり、壁紙を変えたりして楽しむこともできる。

子どもだましと思うかもしれないが、「中には小学3年生にして、数カ月間で高校2年生レベルの単語まで到達するほどのめり込む生徒もいる」(伴氏)というから、学習効率がいいのだろう。

こういったITツールを用いる勉強法は、楽天が英語の社内公用語化を進める際、特に効果が出た取り組みだった。「自分の成長を短いタームで確認できることは大きなモチベーションにつながる。また、スマートフォンやタブレットですき間時間に取り組めることも効率を高めた」(楽天の新サービス開発カンパニー教育事業部ジェネラルマネージャーの葛城崇氏)。

こと子どもの英語学習においては、ITツールは保護者からのニーズを満たすのにも役立っている。「まなみ~」とともに、生徒が予習に使うWebサイト「Rakuten Learning System」には、保護者も専用IDでログインでき、子どもの予習の進捗状況、教室での授業の進捗状況、プレゼンの動画などを閲覧することができる。

2017年初から約8カ月間行ったテスト授業の中で、葛城氏はこのシステムに一定の手応えを感じたという。「教室で何をやっているのか、ちゃんと身に付いているのかわからない、というのが、親御さんから最もよく聞かれる悩みだった。その点がシステムを共有することで解決し、とても喜ばれている。お子さんからしても、親にテストの結果やプレゼン動画を見てもらい、褒めてもらえるのはモチベーションになる」。

新しい学習法を示すショーケースに
授業料は1カ月あたり1万4800円(初月無料、入会金・教材費は別途必要)。「週1回75分という授業時間でこの価格なら、他社のサービスと比べても高くないはず」と、葛城氏は自信を見せる。

自由が丘校では10月のレッスン開始とともに、教育関係者の見学も受け入れていく。伴氏は「楽天流の新しい学習法を提案するショーケースとしての役割も持たせたい」と話す。2校目、3校目の展開については現段階では計画していないが、「需要があれば考えていきたい」という。

2020年からの学習指導要領では、今まで小学5・6年次で行われていた「外国語活動」の授業の開始が小学3・4年次に前倒しされ、5・6年次では、国語や算数と同様に成績がつけられる「外国語」の授業が始まる。英語学習に対する関心がいっそう高まる中、英語学習関連の事業が楽天の「新しい顔」として存在感を増すかもしれない。

楽天が英語公用語化がうまくいっているとは思えません。そしてTOEICを目指す英語学習は正しくありません。まして、スマホのアプリで英語が上達するとは思えません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。