英語力と自信つかむ

東大新聞オンラインに額田裕己さんのCOLUMNがあります。

オークランド空港に翌朝7時に到着した僕は、送迎の車でホームステイ先へ向かった。幸先のいいことに、ホームステイ先の家族はフレンドリーでとてもよくしてくれた。しかしそんな居心地のいい家庭に落ち着く暇もなく、翌日からはもう語学学校が始まるのである。

実は留学前まで、僕はニュージーランドに驚くことはできないのではないか、と考えていた。日本人に比較的身近である西洋文化圏においては、どんな文化があるのかある程度予測がついてしまうのである。

しかし語学学校はいい意味でその期待を裏切ってくれた。そこは多様性にあふれる空間であった、何しろ英語圏を除くあらゆる地域からの留学生が生活しているのである。多様性の少ない日本に19年間生きてきた僕にはそれがとても面白かった。タイ人と友達になったら激辛タイ料理を毎日のように食べさせてくれた。友人のコロンビア人はひたすらにテンションが高く、いい歳をして授業中に小学生のようにはしゃいでいる。断食明けの日にはアラブ系の留学生が食堂で踊り狂っていた。そこには異色の人間とかちょっと変わったやつ、といった概念は存在しないのだ。それは僕にとって大きな驚きであった。

せっかくの留学体験記なのだから、ここで英語の勉強について話そう。到着直後、少しは日本で勉強してつけた(つもりであった)僕の英語力はほとんど歯が立たなかった。ホームステイ先のファミリーはなるべくゆっくりと喋ってくれたけれど、正直なところ半分ほどしか理解できないのである。語学学校は語学学校で、友人は必ずしも英語に堪能な人ばかりではない。喋っているペースは遅いにも関わらず、クセが強くて何を言っているのか解らない。そんなこんなで最初の1カ月は悪戦苦闘である。正直なところ、1カ月経っても僕の英語力は会話と呼べるものではなかった。

それでもなんとかコミュニケーションがとれたのはなぜか。とりあえず日常的によく使うフレーズを溜めていったのである。日本語で言えば「それわかる!」とか「ほんとに!」といったごく簡単なものだ。そういう種類の言葉をいくつか駆使して混ざりにいく。それだけでなんとなく会話できている気がするから驚きである。そうしているうちに語彙が増えていく。ある程度自信がつく。「自分は英語が話せる」と感じ始める。するともっとレベルの高い会話をしたい、と思い始める。そうやって僕は、徐々にではあるけれど英語力と自信とをつけていった。

語学学校に滞在した2カ月半は、恐ろしいほど濃厚で、また一瞬に感じられた(記事も一瞬だ)。僕のいた語学学校では、毎週新しい入学生が来て毎週プログラムを終えた生徒が卒業していく。11週の学生生活を終えた11月11日、僕は語学学校を卒業した。

言語は多くの事例を覚える事例基盤です。すると集中的にやるよりは継続的にかつ忘れないように学習する事が大事です。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です