大谷に野茂流英語上達法のススメ

Search
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in excerpt
Search in comments
Filter by Custom Post Type

日本ハム木田優夫氏が次のような提言をしています。

野茂流を実践せよ! 日本ハム木田優夫GM補佐(49)が、エンゼルス大谷翔平投手(23)へ、とっておきの英語上達法を勧めた。「野茂は小さい辞書を常に持ち歩いていた」と、95年に渡米した日本人大リーガーのパイオニア、野茂英雄氏の勉強法を披露。いつでも分からない単語や表現を調べられるようにしていたメジャー通算123勝右腕の英会話上達法を、参考例に挙げた。

00年タイガース、03、04年ドジャースで野茂氏とプレーした木田GM補佐は、同学年の意識の高さに「日々、努力をしていれば話せるようになる…。そこがオレとの差だった」と回顧した。早くに言葉の壁も乗り越えた野茂氏が米国で大活躍した裏には、何事にも妥協をしない姿勢があったからだと振り返った。

大谷は昨年12月25日の記者会見で、冒頭に英語で自己紹介した。出来栄えに「まだまだですね。もっともっと野球と一緒で練習したい」と話していた。今後、大谷は通訳同行で渡米するが、木田GM補佐は「『Aha』『Ya』は、すぐに使える。覚えておいた方がいい」と、キーワードに相づちや返事を挙げていた。

今の時代に、米国生活するのに辞書を片手に持っている事が大きな英語学習になるとは思えません。今ならスマホで何でも調べる事ができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。