映画で身につける“英語の日常会話”3ステップ

Search
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in excerpt
Search in comments
Filter by Custom Post Type

ORICON NEWSに次のようなアドバイスがあります。

映画で身につける英語の日常会話 お勧めの3ステップを紹介
英会話を始めたい、日常会話だけでも話せるようになりたい…。そんな英会話初心者の人におすすめしたい勉強法が、海外の映画やドラマ、音楽などで英語の日常会話に耳を慣らす“エンタメ英語力”。自分が好きな映画を一本選んで、同じ映画を繰り返し鑑賞しよう。英会話学習のための映画の見方は人それぞれだが、おすすめの3段階ステップを紹介する。

オスカー女優とも共演 すみれ、米オーディションの裏側を語る

【第1ステップ】英会話音声+日本語字幕。映画の内容を理解する。

【第2ステップ】英会話音声+英語字幕。英会話の表現を確認する。

【第3ステップ】英会話音声のみ(字幕なし)。シャドーイング(聞き取った英語を真似して声に出す英語学習法)をやる。

初心者にとって重要なのは第2ステップだ。英語字幕を見ていて、気になる単語が出てきたら一時停止して辞書をひいて意味を調べよう。そして、映画学習用のノートに単語と意味を書き写す。「この言い回し、使いたいな」と思った日常会話の英文をノートに書き写しておくと実践で使えそうだ。

英会話はキャッチボールなので、自分が覚えたワンフレーズだけを使っても相手に伝わらないことがある。映画の流れを意識しながら、初心者の人でも簡単に使える英語表現を増やしていこう。

初心者向け!日常会話が身につく映画

ファミリー・ゲーム/双子の天使
監督:ナンシー・マイヤーズ/主演:リンジー・ローハン作品詳細:“お騒がせ女優”リンジーの映画デビュー作。『ふたりのロッテ』(エーリッヒ・ケストナー つ)を原作としたディズニー映画で、アメリカで父親と暮らすハリーと、イギリスで母親と暮らすアニーがサマーキャンプで偶然出会い、成長する姿を描いたハートウォーミングなファミリードラマ。(1999年日本公開)

日常会話のおすすめポイント
主人公のふたりは、イギリスとアメリカで育ったので、アメリカ英語とイギリス英語の微妙な違いを楽しめる。また主人公は11歳。わかりやすい単語が多く、日常英会話として使いやすい表現が多数。

日常会話の注意ポイン
“No Way.”など、ビジネスでは使えない英語も出てくるので、あくでも日常会話として参考に。

ひと言コメント
キャンプ場での大掛かりないたずらなどコメディ要素も多く家族で楽しめる。ちなみに原題は『ファミリー・ゲーム』ではなく“The Parent Trap”。

映画では全部をやると平均的に2時間もかかります。それを何度もやるのは物理的に無理です。ある部分を切り取るとストーリーがなくなります。

それよりは対話用の教材を使うほうが効果的です。数分の対話集なら確実に忘れずに覚える事ができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。