小学生ママ注目の自宅学習教材

Search
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in excerpt
Search in comments
Filter by Custom Post Type

「英語習得の近道」がWomenExciteに公開されています。

変化の激しいこれからの社会で活躍できる人材を育成するために、2020年にスタートする教育改革。「何を学ぶか」だけではなく「知識を活用する力」を育てること、そして使える英語力を目指し「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を身につけることで、グローバルな人材を育もうという方針になっています。

今までとは大幅に変わるとなると、親として「どんなふうにサポートしていいかわからない…」と不安になりますよね。そこで今回は、親子の強い味方ベネッセが、教育改革に備えていち早く教材を大幅リニューアルしたとのことで、新商品・新CM発表会にお邪魔してきました!

出川さんも力説。「外国人の先生と話す機会はすごく大切!」
今回の発表会では、2月10日より放送されている「進研ゼミ」小学講座・中学講座・高校講座の新CMに出演中の出川哲朗さんと千葉雄大さんが登場。CMの紹介をはじめ、2018年4月よりベネッセが新高1生向けに展開するサービス「外国人講師とのオンラインスピーキング」の説明や実演も行われました。

出川さんの英語といえば、「世界の果てまでイッテQ」(日本テレビ系)の名物企画“出川イングリッシュ”。ほぼハートのみで多くの外国人と触れ合って笑いを取っていますが、この経験を経て、出川さんは「ネイティブの発音に触れること」「双方向的なコミュニケションを取ること」の重要性を実感されたそうです。

出川さんいわく、「昔、学校で習っていた発音と、本場の発音は全然違うから!」とのこと。外国人はみんな優しいから怖がらなくていい、といった持論も展開されていました。

2018年4月から「進研ゼミ高1講座」でスタートする「オンラインスピーキング」の実演では千葉雄大さんが外国人講師との会話を楽しむ場面も。出川さんは「今の子どもたちは、こんな恵まれた学習環境があっていいね~!」と、羨ましそうに話していました。

この外国人講師との会話レッスン、実は小学生向けオンライン英語学習<Challenge English>ではすでに対応済み! 「進研ゼミ小学講座」のオプション講座で、英語4技能を身につけられる教材になっています。自宅でリラックスしながら学べるので、「使える英語」がグングン身につきそうです。さらに、進研ゼミ小学講座でも、<Challenge English>の一部レッスンが受講費内で学習できるんです。

英語は外人の先生と話すより、自分でネイティブを真似て覚える方が大事であり、時間も掛かります。覚えた英語を使うなら、別に外人の先生である必要はありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。