城田優氏の英語は独学

Search
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in excerpt
Search in comments
Filter by Custom Post Type

オリコンに次のような記事があります。

――まるで海外の女優さんのようでした。城田さんはこれまで海外の方との仕事もしてきていますが、ご自身は日本の学生同様、英語は中学の授業でイチから習ったとか。

城田優 はい。幼少期はスペインで過ごしたんですが、7歳で日本に来たので、スペイン語も難しい会話はできないんです。日常会話はできても、難しい表現ができない。英語も、この風貌だから当たり前にできると思われがちなんですが、学校の授業以外は独学です。ただ、英会話の授業は好きで、外国人の先生に積極的に質問したりして、なるべく話すようにはしていましたね。中学からは映画も字幕版で観ていたので、「ああいうときは、こんな言い回しをするんだ」と、簡単な会話は自然に覚えていった。それこそ、“Watch out!”“Follow me!”なんていう、簡単な言い回しからですね。要は、「外国語だからわからない」とシャッターを下ろしてしまうか、間違えていてもいいからとにかく英語に触れて覚えるかのどちらかだと思うんです。

――ミスをしても、どんどん使っていくことで会話ができるようになってくる。

城田優 そうそう。間違えることを怖れたり、わからないから聞き取ろうとしなかったり、使わなかったりしたら、永遠に覚えることはできない。ほんの少しでも日常で英語に触れる時間を作ることで、会話力は差が出てくるんだと思います。とにかく、使わないと忘れてしまうというのは、僕自身がスペイン語で思い知らされていますからね。7歳で離れてしまったことで、僕のスペイン語は成長が止まってしまった。語学学習のコツは、興味を持つ、そして使う。この2点だと思います。

「周りを見渡せば英語はつねに目に入る」、日々の意識が大切

――続けることが難しい、という声もありますが。

城田優 日々意識していれば、そんなことはないですよ。周りを見渡せば、英語はつねに目に入るし、いくらでも拾っていくことはできます。駅や観光地にも、英語表記での説明がたくさんあるじゃないですか。アナウンスでも、“This train goes to TOKYO.”“Please fasten your seat belt.”とか、そういう日常の英語に興味を持つことで耳を慣らし、あとは恥をかいてもいいから使っていく。そして慣れていく。海外での買い物でも、だいたい店員さんが話すことは決まっていますしね。カードか、キャッシュか、とか。そういうやりとりを経験して、自分の英語がどこまで通じるかを試して、磨いていけばいいんです。

――典型的な言い回しでも、どんどん使っていくことが大事。

城田優 ひとつ表現を覚えたら、すぐ使う。さらにバリエーションを変えて、繰り返してみるとかね。道を聞くでも、何でもいいんです。何度も使ってみないと、体には染みつかないですから。

――確かに、文法や単語を知っていても、話し慣れていないとその先にはいけないですね。

城田優 まず、自分のことを話す練習をしてみたらいいと思います。仕事は何をしているのか、好きなことは何なのか。話しやすい、簡単な表現から始めて、会話できるチャンスがあったら積極的に使ってみる。問題は、そこから先なんですけどね。

――先ほど言っていた、少し難しい表現?

城田優 ビジネスや政治の話など、単語を知らないとできない会話ですね。僕も、単純な言葉を並べるのではなく、ボキャブラリーを増やして、もっと表現力の幅を広げていきたいんです。

舞台で海外俳優ともコミュニケーション、「話せてデメリットになることはない」

――積極的に英語を学んできたことで、お仕事に役立つこともありましたか?

城田優 『4Stars』というショーを去年と4年前にやらせていただいたんですが、他の出演者も演出家も海外の方だったので、直にコミュニケーションが取れるか取れないかで、大分変わっていたと思います。通訳を入れずに話せれば距離も縮まりますし、信頼感も生まれる。英語は世界の共通語ですから、少しでも話せるようになれば、メリットしかありません。最近会った同世代の友だちが、「英語を覚えたい。でも今からじゃ遅いかな?」と相談してきたので、ちょうど今回と同じような話をしたところだったんです(笑)。話せてデメリットになることはないし、必ず何かしらの役には立つ。いろんなことの選択肢が増えますし、人生に新しい広がりができると思いますよ。

――最後に、今回の繭美という役は、俳優としてのキャリアにとってどんな意味を持つと思いますか?

城田優 限られた時間の中で、このセリフ量を頭に入れて、かつ女性役ということもあって、ハードルは高かったんですけど、そこがきちんとできたというか。周りが評価してくれたことは自信につながりました。僕の映像作品史上では間違いなく一番大変で、ナンバー1。全身全霊でやりきりました。

英語は使う事が大事ですが、ネイティブを真似て学び、使う事です。自分で勝手に作ると不自然な英語を作ってしまい、意味は通じても、おかしな英語です。これは相手にも理解されなくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。